やっぱり、生(刷り)がいい理由。グラインドロッヂ編

デザインとアート
生刷りとは?

シルクスクリーンプリントをご存知でしょうか?

プリントの手法の1つでプリントTシャツなど洋服にプリントする方法で最も代表的な印刷方法です。

一般的なアパレル製品から、グッズやインテリアなど幅広いシーンで利用されています。

金枠や木枠にスクリーンメッシュ生地を貼り付けた「デザインの版/はん」を作成し、その上にインクを置いてヘラ(スキージ)で伸ばして色を写します。

これが版(はん)です。デザインや色は現地で数多くの選択肢の中から選べます。

色ごとに版を作成する必要はありますが、1度作ってしまえば何度でも利用可能です。

生刷りとは、「現場で自分でデザインを決め、現場で自分の好きなものに刷ってもらう。」

ライブ&カスタムオーダー感覚で出来る、シルクスクリーンを使ったプリントオーダーのことです。

↓詳しくは下記で解説
自分でシルクスクリーンプリントをする方法

生で刷る会が開催されました。

「グラインドロッヂ」が筆者の住む札幌にやってきた!

グラインドロッヂとは、、、?

ガレージでの制作活動から始まったプロジェクト集団

オリジナルスケートボードセクションの設置、ライブ、写真、カーカスタム、アート作品展示などその活動は多岐にわたり、「グランドロッヂ」イベントをオーガナイズ。

特に全国各地でゲリラ的に行われる「生刷会」は親交のあるアーティストが書き下ろすグラフィックをシルクスクリーンに起こし、Tシャツ等にライブプリンティングするパフォーマンスで、プロジェクトの主軸となっています。

まとめると、ガレージで生み出せるクリエイティブなもの全部ヤル!という集団です。

出典:グラインドロッヂ instagram

最近ではキャンプイベントとのコラボレーションやスツールの人気をきっかけに、オシャレキャンパーの間で「グラインドロッヂ」の認知&人気が高まっている様です。

人気すぎる。

テレ〜と何も考えないで当日、会場のアイスタッシュさんにプリント用のBODYを持参し突撃しました所、、

↓アイスタッシュさんの詳細はこちら
あなたの「アイス屋さん」のイメージが変わる理由

こ、、混みまくっている、、しかもなんか並んでる!??なんでだ?昼時だからか??
とにかくグラインドロッヂの方に聞いてみました。

筆者:す、すいましぇん〜生刷りお願いしに来たんですが、、?
(なんか周りのお客さんに見られている気が、、順番待ちか??)

STAFFの方:あぁ〜、、朝から整理券配ってまして、次の順番は17:00〜ですね。

筆者:!?ま、、マジスカ!?5時間待ちスカ?(現在正午くらい)じゃぁ、、それでお願いします!

STAFFの方:はい、では整理券をお持ちください!お待ちしてます〜

すごい人気です。5時間待ちって。。TDLより待つじゃないですか、、?
待てませんので一旦帰宅します。笑

カワイイ?ビックベアードステッカーと整理券

再度トライ

時間になったので再訪します!すぐ、順番が回ってきました。今回の生刷り会のメインビジュアルでお願いすると、、、

これ、今回のメインビジュアル。cool your heads! 会場がアイス屋だけに。so cool! w

もう早いのなんのっ!

グラデーションにインクを刷って、、

ヒートガンで乾かして、、

その上から黒刷って、、正味5分くらいですよ!?ここまで。早っ!!

さすがに早い。そして上手い。完全に職人の域です。

刷り手の具合や色の置き方、版の置き方によって1回1回、別のものになる。

こちらが選んだデザイン&カラーをよりブラッシュアップして美しくしてくれます。
うーん、、アート的要素もかなり含んでいますね。

結論

生刷りってエキサイティングでクリエイティブだ!!

生刷り会は自分でデザインを決めて、刷り手さんと一緒に作っていく楽しさがあります。

・プリント用のBODY(や物)をその場で選ぶ or 持ち込む。

・プリント版のデザインをその場で選ぶ

・プリントする箇所をその場で選ぶ

・プリントする色をある色の中から選ぶ。

これらの工程を経て、今度は刷り手さんがレスポンス。正に生ライブ感!

独自のアレンジでシュッ!シュッ!とプリントしてもらえます。こうして出来上がった物は思い入れが違います。未体験の方はぜひ一度体験してみてください。おすすめです!

今回のグッとくるポイントまとめ。きっと即興でカラーもアレンジ。

本来のビジュアルはこれ。違いが「アジ」ってやつです。笑

インクのカラー粘度もオリジナルで調合&調整されているとの事!プロだなぁ、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました